住まいづくりのワンポイントアドバイス


 Q5.10年先を考えた家づくりにするには? 
―高齢者に優しく、介護のしやすい家づくり―


家づくりをする際には、現在の家族の生活を良くしようと思って、計画されますね。
住宅は、これから何十年という長い間、家族が、そして夫婦が共に暮していく場です。
今は必要ないけれど、将来高齢になった時にも、その家で快適に暮せるように
いろいろ考えて計画すべきです。
不幸にも急速に体に不都合が進行しても、簡易な改造で対応出来る、柔軟な家づくり
をする事が、これからは大切です。



ここがポイント
@ 床面の段差を設けず、滑りにくい仕上とする。
A
手すりを付ける。(将来取付る為に、下地材を入れておく)
B
スペースに余裕を設ける。→車椅子の使用や介護がしやすいよう、特に、
  広めの廊下.便所.浴室が  望ましい。
C 出入口は
引戸とする。
D 便所や浴室に
暖房機取付が出来る様にしておく。
E 寝室の近くに将来便所.浴室が設置しやすい様、
給・排水管を設けておく。
F 臭気がこもりやすい室には、計画的に
換気が出来る様にしておく。