住まいづくりのワンポイントアドバイス


 Q9.高気密・高断熱住宅は
           但馬・丹後地域に良いですか?
 


建物の基本的役割として、外部の暑さ、寒さなどの気象条件から生活を守る
ことが、第一に上げられます。従って、建てる場所がどの様な外部条件かに
よって、シェルターとしての性能の要求度に差が出ます。
又、住む家族が、暑さ、寒さにどの程度耐えられるか、又は、受け入れられる
かによっても性能の必要度も異なります。

  ここで一息    高気密・高断熱住宅の説明
                      (専門的になり難しい表現になってしまいましたm(_ _)m)

    高気密・高断熱にすると、住宅の省エネルギーには大変良いです。
   外部の熱気や寒気が、住宅の中に伝わらない様に、
    又、逆に言うと、冬には室内の暖気を、夏には室内の冷気を、外へ逃がさな
   いよう屋根(又は天井)、外壁、床に厚い断熱材を入れ、窓の材料も断熱性能
   の良いものにし、硝子は二重ガラスとします。
    又、隙間風により熱が逃げない様、フィルムや合板を貼り、材料の継目部分
   もシール材で埋めて、気密性を高めます。
   
    この様に、断熱・気密性を高めた住宅を、高気密・高断熱住宅といいます。
   いわば、高度に閉ざされた空間をつくる訳です。
    この場合、室内の空気は、自然には外へ出入りはしないので、新鮮な空気に
   入れ替える為、耐えず必要量を計画的に換気をしなければなりません。
    その計画換気は、夏期、冬期だけでなく、中間期(春、秋)にもうまく作動させ
   なければいけません。
    喫煙や焼肉など一時に多量の換気が必要となった場合、このシステムで対
   応出来るか確認することも大切です。
   
    
この工法は、高度な性能が得られる反面、念入りな施工やしっかりした
   維持管理が必要です。




あなたの住まいは、どんな所でしょうか?

但馬・丹後地域においても、海岸地、山地、盆地、市街地、田園地と、いろいろな
場所があります。
又、土地の広さや建築する住宅の大きさにより、条件は異なってきます。
一般的に
外部条件のたいへん厳しい場所は、性能的に高度化した高気密・高断熱
の建物にした方が良い
と考えられますが、高度な性能には建築費以外に、その性能保持の為の維持管理の手間や費用がかかります。
又、
この高気密・高断熱工法が、春、秋の中間期の生活において外部との関わり方
が、自分達の生活に合うかどうか
も考えておくことが大切です。


高気密・高断熱の特徴(メリット・デメリット)をよく知り、自分の家族の生活の中に、
限られた資金の中で、どの様に取入れるか配慮する必要があります。

人の顔が全て異なるのと同じ様に、住まいの方も様々あって良いと思います。
建築専門的な新しい性能表示の内容を、専門家からよく説明を聞いて、我が家に
合った住まいづくりをしましょう。


アルファ設計では、高気密・高断熱に自然環境(光と風)を取り込む様に設計した
実験住宅『アルファハウスを3年前につくりました。新しい住まいづくりをなさる人
には、いろいろな面で計画の参考になると思います。お気軽に御相談下さい。




    
      アルファハウス 外観

            システム図
         ※夏冬・中間期切替