カビ」予防の気配り


 まもなく、ジメジメした梅雨に入ります。この時期、いろいろな所にカビが発生し

ます。今回、住まいのカビの予防方法を考えてみました。

 建物のカビは、水廻りや結露による湿ったところに発生することが多いです。

それは、カビが
「菌」(生きもの)だからです。

そして、カビは 
「空気」、湿度」、「温度」、「栄養によって繁殖します。

 従ってカビの予防には、この4つの要素を絶つことですが、建物内の空気をなくす

ことは出来ませんので、予防としては、
温度湿度(湿気)が上がらない様にし、

カビの
栄養となるものを除くことがポイントと言えます。


 部屋

   ・ 梅雨前のカラッとした天気の良い日に2箇
     所以上窓を開けて通風換気をしましょう。
   ・ 梅雨時には、除湿機やエアコン(ドライ)を
     定期的にかけましょう。
 家具類

   ・ 家具類と壁の間などの湿気の溜まりそうな所
    は、少し、間を空けておきましょう。この時、
    扇風機をかけて風を通すと良いでしょう。



 押入内

    押入内や収納室の内部も、その位置により湿気
    を帯びることがあります。

   ・ すのこ敷きにしたり、ふすま戸にガラリを付け
     風通しを良くしましょう。
   ・ 中のものを出し、ふすまの両側を開け、片側
    より扇風機をかけて換気をするのも良いでしょう。

 台所

   キッチン廻りは、生活上どうしても油はねがあり、
   湯気がほこりにからまり汚れます。

  ・ まず、こまめな汚れの掃除と、水気の拭き取りを
   心掛けましょう。
  ・ 換気扇による排気によって通風を良くし、 湿気を
   少なくする努力が必要です。

 浴室
 脱衣室


  ・ 入浴後、出来るだけ早く換気をしましょう。
    最後に入浴した人が少しの時間でも良いですから
   窓を開け、換気すると良いでしょう。
    又、換気扇切タイマースイッチに変えると、切り忘
   れがなくて良いでしょう。
  ・ 晴天の日には、脱衣室共2箇所以上の窓を開け
   て換気をしましょう。
  ・ 脱衣室の天井や壁面、敷居等を柄の長いモップ
   で水分を拭取りましょう。
  ・ 足ぶきマットは、毎日乾かしましょう。