交付
検査済証提出
4回
申請
交付
申請
住まいづくりのワンポイントアドバイス


 Q8.住宅性能表示制度って何ですか? 
            (住まいの成績表)

  地震や風、積雪に強い?  耐久性は?
       省エネは?  防音性能は? 
など
ランクを決めます


これは平成12年4月1日に施行された『住宅の品質確保の促進等に関する法律』
(品確法)によって定められた新しい制度です。

簡単に言うと、分かりにくい住宅の性能を、
 ・地震や風にどれだけ強いか
 ・省エネルギー対策
 ・火災対策
 ・化学物質の放散対策
 ・長持ちする為の劣化対策などはどの程度なのか?
 ・高齢者への配慮はどの様にしてあるのか?

などの項目毎に、
等級(数値)で示したものが、「住宅性能表示制度」です。
性能表示は、建設省の定めた基準にしたがって、専門評価機関が申請
に基づき評価します。性能評価は
設計評価建設(施工)評価とあり、
両方受ける必要があります。

まず、性能表示の等級が、それぞれの性能において、どの程度の内容か
知ることが必要です。そして、住宅を建てたり、買う時は、その性能等級を
確認すると良いでしょう。




1 構造の安定(等級:1・2・3 )

・ 地震や風等の力が加わった時の
  建物全体の強さ
評価方法:壁量、壁の配置のつりあい等
      火災時の安全(等級:1・2・3・4 )

・ 火災の早期発見のしやすさや
  建物の燃えにくさ
評価方法:感知警報装置の設置
          延焼のおそれのある部分の
         耐火時間等
 劣化の軽減(等級:1・2・3 )

・ 建物の劣化(木材の腐朽等)のしにくさ
評価方法:防腐・防蟻装置、
          床下・小屋裏の換気等
     4 維持管理への配慮(等級:1・2・3 )

・ 給排水管とガス管の日常における
  点検・清掃・補修のしやすさ
評価方法:地中埋設管の配管方法等
 温熱環境(等級:1・2・3・4 )

・ 暖冷房時の省エネルギーの程度
評価方法:躯体・開口部の断熱等
      空気環境(等級:1・2・3・4 )

・ 内装材のホルムアルデヒド放散量の少なさ
  及び換気措置
評価方法:居室の内装材の仕様、
          換気措置等
 光・視環境(等級なし.数値表示)

・ 日照や採光を得る開口部面積の多さ
評価方法:居室の床面積に対する開口部
          面積の割合
      音環境(等級:1・2・3 )

・ 居室のサッシ等の遮音性能
評価方法:サッシ等の遮音等級

※音環境は希望する方だけが性能評価を受ける
  選択項目です。
 高齢者等への配慮
            (等級:1・2・3・4・5 )

・ バリアフリーの程度
評価方法:部屋の配置、段差の解消
         階段の安全性、手摺の設置
         通路・出入口の幅員等

イラスト:(財)日本住宅・木材技術センター発行 「木造住宅のための住宅性能表示制度マニュアル」より引用





ここで注意しなければならないことは、各項目で高い評価ランクを受ける住宅を
建築することで、必ずしも満足できるとは限らないということです。
例えば、地震に強い建物にする為に、壁面の量が多くなり、窓の少ない建物に
なってしまうということも考えられます。
又、性能の高い住宅を建築するには、性能の良い材料を使用しなければなりません。
すると、建築費用は当然高くなります。
従って、限られた建設費用の中で、自分が住宅性能のどの部分を高く配分すると、
納得出来るものになるのか、工夫のいるところです。
それぞれの家族に最も適した
性能の組み合わせを選択しましょう。
又、我が家のライフスタイルや、
土地の気候・風土への対応、デザイン建設コスなど表示の対象となっていない
面もよく考慮しましょう。


当事務所では、性能等級の選び方をわかりやすく説明し、アドバイス
しています。 又、計画の建物がどの等級なのかチェックも行います。
ぜひ御相談下さい。

                  
 (設計図書等)
    
     
   
 
 
  
 @基礎配筋工事完了時
 A骨組工事完了時
 
B下地張り直前の工事の完了時
  C竣工時