冬の『すがもれ』による漏水はありませんか?
 すがもれ』とは、積雪地における、軒先付近からの漏水のことです。



?? なぜ起こるの ??
  屋根裏の暖かい空気によって、
  
  溶けた雪が、軒先で凍ることにより、
  
  氷堤となり、融けた水をせき止め、
  
  せき止められた水は、建物内部に
  
  侵入してしまいます。







すがもれ』を防ぐつのポイント!
(イ)雪を溶かさない。   @屋根全体を断熱する。
                                A天井面に十分な断熱をする。
   ・小屋裏は通気をよくする。
   ・天井面に防湿層を設ける。
   (ビニルシートを貼る)
(ロ)雪を落下させる。 

 @屋根を落雪式とする。
  ・鉄板などの滑りやすい材料
   でつくり、急勾配の形にする。



 A屋根の雪を溶かす。
   井水散水や、電気ヒーター
   などで雪を溶かす。
(ハ)軒先で凍らせない
 @軒先の雪を溶かして、水溜り
   をつくらない。



    すがもれは、建物の構造や敷地の様子を、よく考えて配慮すれば防止できます。
    計画時に、
(イ)雪を溶かさない・(ロ)雪を落とす・(ハ)軒先で凍らせない
    のいずれの方法で設計するか決めましょう。