配管の凍結防止のポイント
1〜2月の厳寒期には、突然の寒波により外部周りの配管がよく凍結します。
凍結予防の為のポイントをアドバイスします。

天気予報などで気温が下がってくると想定される
時は、こんな事をやってください。



 
蛇口をゆるめ、水を少量出しておきましょう

  給湯器の電源は切らずにおきましょう

  風呂釜、給湯器などの器具の水抜き
   (元バルブをしめて)しましょう


毎年よく凍結する箇所や、あまり気を使わずにおきたい所には・・・


   サーモスタッド付き電気ヒータを取り付けると良いでしょう。
 商品価格は、ヒーターの長さ
 1m〜5mで2,000円〜
 7,000円ぐらいです。

 この場合は、電気コンセント
 が近くに必要です
   
凍結してしまったら・・・

  軽い凍結なら、配管や水栓にタオルか雑巾をかけて、ぬるま湯をゆっくり
  かけましょう。
  
  
※急に熱湯を直接かけると、水栓や水道管が破裂するおそれがあり
   ますので、十分注意してください。