スキャナーについての考察 (98/03/31更新)

 物を購入する時に、貴方は何を基準に決めていますか?カタログを見たり知り合いに意見を聞いたり・・・。そうして良く考えて買ったはずの物なのになぜかしっくり来なかったり・・・。物を買う時の失敗談って言うのは色々転がっていますね。(私も沢山持っていますが・・)。ここでは、少しでも損の無い様な買い物をしてもらう手助けにでもなればと、ごたくをならべてみようと思っています。

まずは第1弾、スキャナー編

 スキャナー・デジタルカメラは、ほとんどの人がインターネットのホームページを作ったり、年賀状を作る為に購入したいと思っているのではないでしょうか?ここでは、そんな人の為に安くて良いものを選ぶ為のうんちくを書こうと思います。。
 DTP等セミプロユースに利用する為に購入する人や、お金は有り余っているので、とにかく良い物が欲しいという方は、お店に行って、一番良い奴と行って買いましょう(笑)。こういう物は何でもそうですが、本当に良いものは簡単な事をするのにも適するように作ってある事が多いものです。

 良く勘違いするのが、解像度(300dpiとか言うあれ)の高い物ほど奇麗だという思い込みです。解像度が高ければもちろんきめ細かい画像の読み込みが可能ですが、そうして読み込んだデーターは、とても大きな物になってしまいます。実際は読み込んだデーターを縮小したりして表示する事の方が多いのです。いくらデジタルで、加工が簡単だからといっても、縮小などの加工は画像の劣化を著しく招きます。出来るだけ画像の加工を行わない読み込みこそ奇麗な画像の第一歩です(例外は多々有りますが)。例えば、600dpiの解像度で、切手を読み込むと画面一杯に表示されます。こんな画像は普通使う事はないでしょう。ちなみに、一般的なパソコン用モニターの解像度は72dpi〜100dpi程度ですし、はがきにインクジェットプリンターを使って印刷する場合でも、300dpiもあれば必要な画像データーは得る事が出来るでしょう。一般にプリンターの印刷解像度の2〜3分の1の解像度のスキャニングが最適だといわれています。

 では、何が大切かといえば、画質の奇麗さです。一口に奇麗と言っても、好みという物も有るし、写真などを趣味とする人にとっては、色の再現性という物が大切でしょう。こればっかりはカタログデーターでは分からない部分です。一昔のスキャナーならともかく、最近の機種は階調表現力や、入力階調、出力階調はほとんど一緒です。
 各機器に付属のスキャニングドライバーによっても画質は変わります。初心者向けの機械はより自然な色合いに補正をかけて出力しますし、上位機種にはより原稿通りの画像を出力する事に重みがおかれた物があります。出来るだけめんどうな事はよして見た目の奇麗な画像を欲しいなら、案外安い機種の方が上手く行く場合があります。 また、プリンターとスキャナーのメーカーを合わせると補正を上手く行ってくれる物があります。(プリントアウトしない人には余り関係ありませんが)

 これらの事はデジタルカメラの方が顕著かも知れません。画素が少なくても奇麗に写る機種というのは、結構存在するようですし、データを保存する際(写した時に)に画像補正を行っている物も少なくないようです。CCDの大きさが変わらないのに画素数が増えるって言うのは、誰が考えても1画素あたりの光の量は減るわけですから、単に画素数が多い=きれいとは考えられないのはわかるでしょう。

 これらを確かめるには、雑誌のプレビューや、インターネットなどの情報を集めるしかないのが現状です。私も数機種しか実際に使った事が無いので、これが一番良い、というのは言えませんが、悪口の沢山書いてある雑誌(笑)の記事は比較的信用できるようです。また、自分の好みに近い記事を書くライターを押さえておくのも良いでしょう。

 あとは使いやすさですが、最近はシートフィードタイプのスキャナーや、一部のフラットベッドスキャナーにワンタッチボタンというのがついている物があります。これは、原稿を入れてボタンを押すと、自動的にドライバーが起動して読み込んでくれる物です。沢山のものを一度にスキャンしたい人や、スキャナーに場所を取られるのがいやな人は、これらも購入の参考にして見てはどうでしょうか。

 後は、読み込みスピードや、インターフェース(パソコンとの接続方法)の違いですが、読み込みスピードは早いに超した事はないでしょうが、年に数回しか使わないのであれば、最後の決めてくらいにすれば良いのではないでしょうか。
 インターフェースには、現在パラレルとSCSIという2種類の方法があります。違いといえば読み込みスピードくらいです。パラレルは接続が簡単(エプソン製品を除く)で値段も安いですが、読み込み速度が遅く、SCSIは接続に少しPCの知識が要りますが、読み込みはパラレルに対して早いという特徴があります。初心者や速度にこだわらない人はパラレル接続、スピードが気になる人や、HDDなどの機器の為にすでにSCSIボードを持っている人はSCSI接続が良いのではないでしょうか。

結論

  1. 解像度だけで選ぶな。普通は300dpiもあれば十分。
  2. 画質を重視。階調表現色がフルカラーで入力階調が10ビットならば、後は実際の入力された画像で決める。
  3. スキャニングドライバーの質と使いやすさ。初心者向きとパワーユーザー向きな物があるようです。
  4. 接続方法の違いは読み取り速度の違いと接続の容易さの違い。
  5. 2・3は雑誌やインターネットで情報収集!
  6. やはり値段?!