●ホーム  
 
 
 
 
 
 
 

 

 






 
 
 
アリス・紗良・オットーのベートーヴェン

アリス・紗良・オットーの新譜(写真参照)、ベートーヴェンのアルバムである。2006年11月22日、三鷹市芸術文化センターでのベートーヴェンのプログラムが放映されて4年ほどが経過しているが、その同じ、ベートーベン:ピアノ・ソナタ第21番の「ワルトシュタイン」である。

やはり未完の部分は残るものの、ずいぶんと成長した演奏である。すでに紹介した、リストの超絶技巧練習曲集ショパンのワルツ集の他に、2009年8月にチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番とリストのピアノ協奏曲第1番のアルバムも出ている。

この12月24日にも2006年11月22日の別のプログラムが放映になったが、曲目は、シューマン「ロマンス第2番・嬰ヘ長調・作品28・第2」、ベートーヴェン「ロンド・ア・カプリッチョ“なくした小銭への怒り” 作品129」、リスト「ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調」、同じく「慰め 第3番 変ニ長調」で、これも思いがけないプレゼントだった。

嬉しいことに、新年の第54回「ニューイヤーオペラコンサート」第2部で、リスト生誕200年・ リスト「リゴレット・パラフレーズ」を彼女が演奏するそうで、これはビッグ・プレゼントとなる。放映は、1月3日(月)午後7〜9時 教育テレビ。何と言っても、12月24日の放映で分かるように彼女のリストは本当に素晴らしい。

(C)Takayoshi Mashimo January 1, 2011

 





HMV classica japan   tower records
         

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  KAYO-NET "Be gentle and be kind."