住まいづくりのワンポイントアドバイス

 Q6.工事費の他にどれだけ資金が必要なの? 


住宅を新築する場合、建築工事費以外の費用も十分考えて資金計画をしないと、
工事中や完成引き渡し後に、いろいろな費用がかかり、資金不足になることがあります。
 総額はいろいろなケースによって異なりますが、
総体的費用を知ってもらう為、
事例を想定して概算費用をあげてみました。





[T]建築工事費関係(事例:木造2階建 延床面積140uの場合)
     イ:設計・工事監理費・・・・ ・・・・・・・・・・・・・  150〜200万円
     ロ:本体工事(消費税込み)・・・・・・・・・・・・・・・  2500万円
     ハ:別途工事・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・  100〜300万円
       (外構工事、植樹工事、カーテン・ブラインド工事、電話工事、家具・家電品など)


[U]諸費用
     イ:税金・登記費用・・・・・・・・・・・・・・・・・・  約28万円
       印紙税:工事請負契約書(2500万円)________________ 1.5万円
        登録免許税:住宅保存登記__________________________  2.5万円
                (固定資産評価額1500万円×0.15%)
         不動産取得税:(固定資産評価額1500万円―1200万円)×3%  9万円 
     登記手数料:表示登記(土地家屋調査士報酬)
     保存登記(司法書士報酬)
約15万円


     ロ:住宅ローン手続費用・・・・・・・・・・・・・・・・・約71万円
        印紙税:金銭消費貸借契約書(借入金1800万円)_______ 2万円
        抵当権設定登記:登録免許税及び登記手数料___________ 約10万円
                  (司法書士報酬)
        融資手数料:(公庫の場合)________________________ 5万円
        火災保険料:(25年分)__________________________  27万円
        団体信用生命保険料:(1年分)____________________ 5万円
        保証料:(25年分)______________________________  22万円


     ハ:雑費(内容によって金額に大きな差があります)・・・・・ 約10万円〜25万円
       (地鎮祭・上棟式費用、挨拶料、職人茶菓子代など)


上記以外、それぞれのケースにおいて、以下の費用も発生することがあります。
       解体工事費 ・滅失登記手数料(土地家屋調査士報酬)
       ゴミ処分費 ・引っ越し費用 ・仮住まい費用 ・庭木の移植費など




 建物の計画時には、床面積、仕上げのグレード等の工事規模を踏まえた
予算を出し、資金計画をする事が大切です。

  当事務所では、あなたの暮らしに合わせたプランで、工事費の概算を出し、
     予算計画からお手伝いします。